本文へスキップ

モルゲンロートは環境製品を専門とする販売店です。幅広いラインナップの微生物(各種環境用バクテリア)応用製品で皆様とご一緒に環境対策に取り組みます。海老名商工会議所会員

TEL. 046-280-5601

〒243-0307 神奈川県愛甲郡愛川町半原393-6

ハーブの力で害獣を撃退!数か月効果を期待できます自然物なので安心。ニオイ、味、感触の相乗効果で撃退。

フレッシュファームの取扱い説明はこちらです 

使い方 

1 ボトルをよく振ります
2 10倍に薄めます薄め液は1週間程度で使い切ってください 残った原液も冷暗所に保管してください
3 噴霧器などで散布します
その他の使い方は下をご覧ください
獣の通り道に撒くのが基本です
霧状にして使います(ジョウロではムダが多く上手く乾燥しません)
 
 作物に噴霧 作物や花にも直接かけられます。枯れる事はありません。皮をむいたり洗ったりして食べる物であれば収穫後食べられます。それだけ安全です。
 布を吊るす 布に染み込ませて吊るす、置くといった方法も。モグラには、その布をトンネルに突っ込んであげましょう。
 ロープを張る ロープに染み込ませて畑を1周。長期間発散させるには麻縄が良い様です。動物の鼻の高さに合わせます。

ポイント
◎散布後、一度乾燥すると数か月持続します。乾くまでに雨が降った、または散布後に大雨になった場合は再度散布してください。
 噴霧器で霧状にして使うことで少量で使えます。重ね散布など回数が必要な事もありますので霧状にしてお使いください。
◎伝って歩いてくる所にも。足裏がスース―する感触、踏んだ前足を舐める時の味も効果を発揮するものです。
◎植物への対策。鹿の食害に対しては木の幹に直接散布すれば皮の食害を防げます。またプランターの花には全体に散布して対応できます。植物が枯れることはありません。広い敷地ではこの様なスポット使用で防御します。
◎農作物への対策。生で食べる果物などにはニオイが残ります。洗って食べる作物であれば散布後収穫しても人には問題ありません。
⇒畑などで一番外側の作物全体に散布しておけば、そこは不味いものしかないと学習するので効果的です。
◎猪はミミズを食べるため土を掘ります。けもの道周辺と共に、被害のある地面に散布すると効果的です。
 猪には鼻の高さに液を染み込ませたロープを張っておくのも効果的です。
◎モグラには特に土を掘り返さなくても地面によく撒くことで忌避できます。
◎獣は嫌がるだけで死にません。ハーブを主原料とした、自然分解するエコロジーな忌避剤です。フレッシュファームトップページへ 
実例集はこちら

 メール又は046−280−5601 FAX046-280-5602 ご購入とお支払いについて

個人用トップページへ

モルゲンロートホームへ メール

ナビゲーシ