ブログ風のページ・世間その3092

ホームブログTOP
 
 広告といえば、自社の売りを強調するUSPをどうするかが有名だろう。
 ただ、どうもそれでは良い紹介分が書けないと思った人も多いかもしれない。それはコンセプトができていないからだという本があった。
 コンセプトとUSPがごっちゃの人も居るかもしれないし、ベネフィットともハッキリ区別できていないかもしれない。それではダメで、それぞれを明確にした上で、一文にまとめるというのが正しいらしい。
 かく言う自分も解っていなかった。しかし、そこまで分解して説明してくれたコンサルも居なかったと思う。要するに、彼等もダメだったのだ。そんな彼等に大枚をはたいたら、大損害というところ。大方が輸入概念の受け売りだったりするから、余計にいけないのだ。
 対して、本は2000円もしない。読書は大事というが、本当に実感するところ。新しい事を考えている中で、この本を見つけたのは幸いだった。商品作りもブレないし、ホームページデザインも躊躇なく進められるだろう。
       
 18年7月19日