ブログ風のページ・世間その2961

ホーム ブログTOP
 

 
 魚の養殖と植物の栽培を同時に行うアクアポニクスというのがある。日本ではほとんど認知されていないが、その交流会に行ってきた。
 すでに始めているという人も居るのだが、海外事例が興味深かった。温暖な国であれば、育てる植物も何でもアリという状態。
 講習では、葉野菜などを推奨しているが、海外ではウコンやヤシなども植えられている。浅い培地で巨大なモノは基本無理なのだが、やろうと思えばできるという典型だ。
 魚の方もチョウザメを育てる事例があり、これも面白いと思った。日本では海水魚が好まれるのだが、塩水で育つ植物が殆ど無いのがネックとなる。これは逆に品種改良してしまうというのも良いかもしれない。
 培地で決め手となるバクテリアであるが、塩分濃度がやや低めであればどうにかなる。ここのブレイクスルーができれば、一人勝ちも見えてくるかもしれない。
 
 
 17年11月10日