ブログ風のページ・世間その2567

ホーム ブログTOP
 
 モーターショーの自動運転車を思い出していたら、先日の事故を思い出してしまった。認知症の高齢者が歩道を暴走して死傷者が出てしまった。
 あとからの情報では、どこを走っているのか判らなくなり、7時間もグルグル街を巡っていたらしい。燃料切れになってくれた方が良かったわけだ。
 こんな時こそ、自動運転なのだろう。
 田舎道で危なっかしい運転のご老人を見たことがあるが、不便な所では足を奪うわけにはいかない。そこで自動運転。
 また本人を追尾する必要も出てくるが、服に付ける物より靴の方が良さそうだ。実際にそういう商品を提案しているところもあった。昔のスパイものみたいだが、踵のところに発信器を入れられる。
 社会問題にITが貢献するといったら、これが一番なのではないだろうか。

 15年11月4日