ブログ風のページ・世間その2505

ホーム ブログTOP
 
 アニメーション作成などはプロに任せるのが普通だと思っていたが、最近は違うらしい。
 素材集の人物にポーズを付けられるソフトは以前からあったが、今回案内が来たのはそれに動きを付けられるというもの。台から飛び降りてコケるという動作も簡単に作成できる様だ。表情も変わる。何より、2次元の平面画でなく立体描画となっている。
 かつての描画系ソフトのイメージがあるから、こんなの何十万するのだろうと思ってしまう。しかし定価で1万円しないのだ。しかもセールで5千円を切っている。
 今は動画の時代。動画にも素材が欲しいという中、これの出現は大きいかもしれない。御遊びも楽しいだろうが、解説動画に活かせるのではないだろうか。
 バイブル本をマンガで作る時、主役を作ると思う。今度は動画のキャラクターだ。もちろんプロに頼めば素晴らしいのができるだろうが、毎日の様に1分モノ動画をUPしようというならこれしかない。
 専任社員とかでなく、親戚の若者に作成させるのも面白いかもしれない。いや、その方が新鮮かもしれない。
 とにかくスゴイ時代になったものだ。会社のパソコンにオフィスソフトだけというのでは、置いて行かれそうだ。
 



 15年7月28日