ブログ風のページ・世間その2413

ホーム ブログTOP
 

  地元の塩川の滝に水源ツアーが来る様になって、地元の観光客誘致はどうなっているのかと思っていた。
 商工課は道路整備などに追われている感じだが、県の宮ケ瀬津久井エリアの観光ガイドにはソーラーパークと資料館の2つが載っている。まあ、清川村と相模原市の方が圧倒的に多いので、どうしても見劣りする。
 しかし地元の歴史書を読むと、良弁ゆかりの場所も多く歴史やパワースポット好きにはウケが良いはずなのだ。
 また都会の近くとしては珍しい生き物も多い。自然もきれいだ。食に関しては足りないのだが、ある程度多様なお客さんに対応できる。
 どこに何があるか、細かい部分まで外に向けて発信していないし、とにかく専用サイトに映像が欲しい。本気で悩んでいるなら、そこまでやるべきだ。
 下の地区では橋の架け替えが進んでいるが、その前後の道が狭い事に変わりは無い。観光客を誘致する場合、動線をどうするかもあるだろう。そういった研究会もあるそうだが、お任せするしかない。

 15年3月27日