ブログ風のページ・世間その2384

ホーム ブログTOP
 

 以前これから伸びるビジネス分野に癒しが入っているのを書いたと思う。癒しの中にオルゴール療法というのもあるのだが、今回特別なお知らせが入って来た。
 販売元から冊子が届いたのだが、オルゴール療法の協会は今後「国際ひびき生命科学」という学会になるという。
 オルゴール療法ができて20年だそうだが、その間に痛みなどの緩和例が蓄積されてきた。それ自体は事実ではあるものの、医学的検証ができていなかった。学会が発足する事で、それが大学等で研究されることになるのだ。
 これまでは良く解らない物として扱われてきた癒しだが、こうして学問が入ってくると、今度は認証制度というのも視野に入ってくる。もしかしたら、癒しの分野で「特保」ができるかもしれない。そこまで行けば、ビジネスとして完全に確立するだろう。
 未病やら予防医学という事が言われ始めた昨今、薬や病院に頼る前に心身を整える為癒しを使うという流れもできるだろう。
 他の楽器を用いる奏者は、体系化を急ぐべきだ。

 15年2月24日