ブログ風のページ・世間その2126

ホーム ブログTOP
 

 ダヴィンチNEWSによると元空き巣のプロが本を書いたらしい。「空き巣なう:プロの空き巣が「この道半世紀」を語る」という本。
 どんな家が狙い易いかが詳しく書かれているそうだ。それは全て対策になるということ。多分この本は防犯の参考になるはず。
 昔から勝手口もしっかり対策し、外周に目隠しが無い方がよいと言われてきたが、灯りの点けっぱなしも効果があるそうだ。
 2重ロックなどは買う事もあるだろうが、最近売られているタイマースイッチも買うと良いわけだ。世の中荒れてきているから、自分で防衛しないといけない。
 当地では侵入盗は少ないが、外に置いてあったタイヤなどはよく盗まれるという。外に物を置かないで正解だった。が、周りのお宅は事情が違う。本当に気を付けているのだろうか。
 

   

14年4月30日