ブログ風のページ・世間その2071

ホーム ブログTOP
 

 文字を打ち込んでおくと、音声合成でナレーションができるソフトも安く売られている。ただ、ナレーションソフトにしてもボーカロイドにしても「機械っぽさ」は残る。
 そこを声優でやったカーナビは優れものかもしれない。しかも最近は方言で案内してくれるのだ。
 東北から九州まで主要な方言を有名声優で再現。それだけでもスゴイところを、実際に彼女とドライブしている様な感覚を覚える、案内以外の一言も飛び出す。
 オタク男子が試してみたという記事がネットにあったが、独り者の男子には結構“萌え”なのだろう。
 最近の若者は!などど怒ってはいけない。意外とこの手は昔からあったのだ。100人の女性がただ「愛してます」と言っているだけの音源というのが売られていたものだ。つまり一定の需要は常にあるという事なのだ。
 お約束の目覚まし時計、家電、或いは時間によってしゃべるフィギュアなどいくらでも思いつくだろう。肝は声と内容。さて、次はなんだろう。
  

14年2月25日