ブログ風のページ・世間その1911

ホーム ブログTOP
 

 SPAのサイトに、現代に残る村八分についての記事。
 地方の寒村はもちろん、東京近郊の住宅地においても様々な「攻撃」が加えられている様子が書かれていた。
 単なるいじめは論外なのだが、チョッとなーと思うのが地域振興絡みの話。地元を良くする為の団結は良いのだが、「原理主義」的になってしまうと外から来た人間にはなじめない。
 頑なになるのは、地域振興が目的であっても新しい事ができない原因でもあるのだが、どうしても内向きになってしまう様だ。全国で上手く行っている事例は、その辺を乗り越えた結果なのだろう。
 和をもって貴しとなすのは良いのだけども、柔軟性を欠いては次へつながらない。地域と言っても、次世代が居てくれなければ意味が無いと思うのだが…。

13年8月23日