ブログ風のページ・世間その1868

ホーム ブログTOP
 

 中国というと、このところの銀行の危うさとか公害ばかりが話題になる。
 法治国家でなくて、人治国家だという話はよく聞く。しかし人命軽視が酷いというのが何とも…。
 車に轢かれた人を放置するというのは以前聞いた。これは関わりたくないというだけだろう。ところが、殺した方が得という信じられない社会になっている様だ。
 ドンテナ国際というサイトに出ていたが、一度轢いて入院されるより、二度轢いて完全に殺した方が支払が少なくて済むから殺すのだという。
 車の保険が存在しないのか?
 殺人は物凄く刑が軽いのか?
 さっぱり解らないが、こういう点を例えば欧米はどう見るのだろうか。日中関係ばかり騒がれるが、中国と関わらない国の方が少ないだろう。
 どこも、この様な人々と付き合わなければいけないのだ。気持ち良く契約できるのだろうか。正論で話し合えるとは思えないのだが、領土問題でお上品に対応しようとする日本政府にも疑問符が付く。
 これがお隣の国なのだ。なんとも…。
 
13年7月5日