ブログ風のページ・世間その1817

ホーム ブログTOP
 

 つまらない人間関係なんて捨ててしまえという、チョッと乱暴な本を読んでいる。
 群れているから、周りに合わせようとしてスポイルされるんだという事だ。また逆に、友達が少ない事を恥じる必要はないとも言っている。
 確かに目立つキャラクターの人物は一人で現れる。成功者という人も交流は盛んな様で意外と範囲は狭いのだとかいうのを聞いた。
 一人で居る時間が多ければ有効に使える。これは確かだし、本当に自由を実感できる。独創的な事をしている人はそういうのが多いのではないか。
 もう一つ、印僑の教えでも似た事を言っている。上を目指すなら、「奪うだけの人」から離れろと言う事。これは金品だけの話ではなくて、無駄な事で時間を奪われるというのも含まれる。その代り、よりハイクラスの人と接触しろというわけだが、基本的な所は一緒だろう。
 何もかも関係を断ってしまったらビジネスはできないというのはあるから、離れ小島に行けというのではない。見方や気持ちを変える事が大事なのだ。
 別に文化を否定するわけではない。日本的なムラ社会も良い面が薄れてきたからいけないのであって、それが復活してくれれば良いのだ。サラリーマンで暮らすならそれが幸せだろう。
 ただ、独自に何か目指すのなら、思い切った事をしないといけないのだ。そこはごっちゃにしてはいけない。
 
13年5月3日