ブログ風のページ・世間その1734

ホーム ブログTOP

 三菱自動車から新しいハイブリッドカーが出るそうだ。
 基本は電気での走行で、バッテリーが減ったところで発電用にエンジンを回し、どうしてもというところでエンジン駆動に切り替わるという3段階方式だそうだ。
 ここまでやると大型のRV車ながらリッター67キロが出るとか。
 電気自動車も出ているが、比較的大きなバッテリーを積んでいる日産リーフも電装品の負荷が大きいとかなり走行距離が落ちるというので、やはりエンジン付きは有利。何しろ充電で時間を取られない。
 電気自動車を本気で増やすなら、バッテリーをコンパクトにして交換式にするのが良い。営業車などで充電で時間を取っていられないのは当たり前だし…。
 そのつなぎとしては、この三菱の車は良いかもしれない。できれば多走行になる営業車でこういう車を増やして欲しいのだが、何故かどこのメーカーも自家用車ばかり。車が売れない時代に、絶対買うのは営業車なのに…。
 まあ電気といえば、セブンイレブンに小型の配送車が配備されているので、そういう方向へ向かうとは思う。まずは電池の小型化に注目だろう。マグネシウム電池はいつ一般的になるのやら…。
13年1月21日