ブログ風のページ・オカネその67

ホーム ブログTOP
 
 7月に入っていよいよガソリンが180円台になった。これは車をLPガス併用型へ改造するのもやむなしというところか。
 さて石油が上がれば電気料金も上がる。オール電化で…といっても訴求力はあるだろうか。さらに原料高で食料から何から一斉に値上げだ。
 これでは節約のし様が無い。勢い食費を落とすということになる。ニュースでもサラリーマンが手弁当派に転向する様が紹介されていた。これを「ダイエットの好機」と前向きに捉えるのは良いが、栄養の偏りには気をつけたい。医療費は痛い出費だ。
 出来合いのモノを買うのを控えるなら、スローフードだロハスだと言わなくても料理は手作りに回帰する。車を控えればエコロジーを叫ばなくても良い。ただ、悲壮感でやるところがエコロジーと違うところだ。環境に良いと喜んでいる場合ではない。欲求不満はどこかで爆発するだろう。
 手弁当派が増えたことで、男性向け弁当箱が売れ出したという。もう安さではなくて、品揃えそのものを変えないといけないので、店としても大変だ。店と言えば、同じくニュースでケーキ屋の店主自らが歩いて材料の買い出しに行く様が紹介されていた。コストを抑えて値上がりを防ぐのだという。大企業も役員報酬を抑えて…とやればクビ切りや値上げに踏み切らなくても済むかもしれない。本のコーナーで紹介した「商売繁盛・老舗のしきたり」では、大昔からそうやって乗り切ってきたエピソードが載っているが、今の人にできるだろうか。いや、やらないといけないだろう。
 まあ、暗い気持ちを払拭する話があれば、購買にも影響してくると思う。政府も税金をいじるだけでなく、新技術の育成や「〜立国」といった目標を掲げる必要があると思うのだが。



08年7月2日