ブログ風のページ・オカネその131

ホーム ブログTOP
 
 またまた世界中地震が多くなってきて気になるこの頃だが、価格の決め方も気になるものだ。
 上客だけ集めて高く売って行くのがよいというのは聞くが、大衆相手に販売されているものにも相当上乗せしている物が多い様だ。
 らばQのサイトに出ていたが、改めて見せられると唸ってしまう。外食での飲料などはロスを考えると2.5倍は妥当ということらしいが、コーヒーとかワインは300%増しだとか。まあ、だからといって飲み放題のドリンクバーまでケチると嫌な顔をされるかもしれない。
 チョッと凄いなと思ったのが1275%増し。映画館のポップコーンだそうだ。卸しの店でコーンだけ買うと解るが、原価はかなり安い。これは明らかに上映中の飲食を収入源にしている。上映ではやっていけないと言う事か…。
 やはり人は物を買うのではなくて、雰囲気や感動を買っているわけだ。値段のカラクリは、などとあまりドライな事ばかりでは経済は動かない。デフレを騒ぐが、そろそろこういう事に気が付かないと…。


13年4月18日