ブログ風のページ・老いる 長生きの秘訣

ホーム ブログTOP
 

 読売新聞に102歳の方を取材した記事が。
 炊事洗濯など日常生活は何でもこなし、今年の春に1200mの山に登頂したそうだ。
この山、ケーブルカーを使ったとしても最後は急坂を徒歩で登らないといけない。
 「この元気の源は何か」ということなのだが、くよくよしないことと、食い気と色気だそうだ。まあスケベは長生きというのは定説の様だし、食べられる内は死なないということもあるだろう。それより「くよくよしない」は注目だ。ストレスになって心臓を悪くしたり、脳にダメージを受けたりと色々良くない。早くから病気になれば気付くが、蓄積して老後にガックリというのは辛い。ここは見習わないといけないな。
  

07年6月13日