ブログ風のページ・言葉その44

ホーム ブログTOP
 

 今回の震災では東北ということもあり、ニュース映像では東北弁がよく聞かれた。地方色と言う事で、大事な言葉だと思うが、東京に出てくると自分に違和感を覚える場合もある様だ。
 前回のBS放送、元気日本プロジェクトでは、奄美の島言葉を大切にしようという話だった。島にFM放送局があるのだが、放送は全て島言葉。島へ帰ってきて言葉の大事さを考えた若者が開局したという。
 単に島言葉を使うだけではない。かける曲も島唄、生活密着の情報とこだわっている。集中豪雨の時には、24時間随時情報を流し続けたそうだ。本土の広域情報では得られない安否情報など、かなり役立ったという。
 言葉と島文化は不可分という信念からここまでやっているということだが、中々できることではない。一時は学校に島言葉禁止令も出て、言葉の消滅危機があったそうだ。それも取り消しになり、言葉は守られた。
 他の地域でも是非やって欲しい。東北にも温かい方言はあるだろう。現地の言葉で語りかける方が安らぐこともあるはずだ。


11年3月29日