ブログ風のページ・言葉その21

ホーム ブログTOP
 

 自分たちの年代だと、高校くらいの時“野菜言葉”があった。話が長いと「話がセロリだよ」といった具合だ。中でも内容が無いのを「ピーマン」と言った。もちろんピーマンは中が空洞だからだ。
 そんな事はすっかり忘れ去られているのだが、あるところを通過して思い出してしまった。とある有名会社の駐車場には、区画ごとに野菜や果物の名前が付いている。と、ここまで読んでいる人はピンと来るだろう。正にその予想通り。「ピーマン駐車場」は実在する!ご丁寧に看板代わりの大きなイラストまである。
 これが“あの会社”の駐車場なんです。まあトマトやイチゴは可愛らしいと思う。でもピーマン・・・。かなり昔からあるのだけども、ピーマン・・・。そこに車を止めておいたら、「あいつピーマンなんだぜ」とかいう会話が・・・。それはやっぱり受け入れ難い。
 

07年10月11日