ブログ風のページ・健康その72

ホーム ブログTOP
 
 スパムメールには“健康食品モノ”もかなり多い。ダイエット系がほとんどだが、タイトルを見ると「1時間ごとに体重が落ちてくる」といった言葉が躍る。
 そんなバカなと思うのだが、結構過激なものは実際にある様だ。アメリカはサプリメント大国で、新しいものもどんどん出てくるらしいのだが、それをいち早く紹介してひと儲けしようと言う業者も多いだろう。常に新しい商材で勝負している業者なら、出たら飛びつくのが当たり前。あまり検証しないで売り出すのも当然だろう。
 そこで気になるのが安全性。「向こうでも流通しているものだから大丈夫だ」というのが多くの見方だろうと思う。ところが色々あるらしいのだ。本の話題で以前紹介した「健康食品・中毒百科」には、やせ薬で“死んでしまった”という事例もいくつか載っている。ニュースになったのは僅かだが、読んでみると伝わっていない話が結構多い。代謝を亢進させるサプリメントで異常な高熱を出し、そのまま…なんていうのもある。
 とにかく新しいと未知の部分もあるし、健康食品だからと不必要に多く摂ることもあるだろう。まあこの「たくさん飲めば良く効く」といった考えが危険なのだが、効能ばかりに注目してその物質の摂取上限を考えなかったというのは開発側にもある様だ。それだけでなく、製造上成分をキッチリ分離できず有害な不純物が混じってしまうとか、ある病気の治療中では摂ってはいけない物質が含まれているとか、そもそも毒だとか…。
 やはり「用法、用量を守り医師に相談する」のは基本の様だ。ちなみに、下剤を多用するとカリウム不足が起きることがあるそうだ。これだけだって、病気になる。



08年6月27日