ブログ風のページ・不思議ワールド 異変?

ホーム ブログTOP


 5月6日、快晴状態の中豪雨アラートが携帯に届いて驚いていると、突然曇って来て…。後は説明は要らないと思う。竜巻で今回は死者が出てしまった。地震の被災者が入居していたアパートも住めない状態に。
 平らな地域での竜巻はこれまでにもあった。しかし、家までもなぎ倒す様な規模のものは記憶にない。目撃証言には、車が飛んでいたとも。
 地球に何やら作用でもあるのか。世界的にも地震や噴火が多い。関係は無いはずだが、168年ぶりの惑星配列だったり、月食、スーパームーンそして今月は日食と天体の運行も特別な年なのだ。科学の無い地代だったら絶対関連付けていただろうというくらいの“イベント”続き。しかしこうも酷いと関連付けてしまいそうだ。
 生物界でも、山陰でイルカが打ち上げられたという他に、皇居のお堀で絶滅危惧種のカエルが大繁殖しているとか。
 何か違う…。科学的説明を、というと「関係無い」で片付いてしまうのだが、不完全ながら科学は万能と教えられてきた事に疑問が湧き始める。科学がそんなに凄いなら、あの地震を予測して欲しかった。
 SFの世界だけの製品が段々実現しているのを見ても、科学の常識は脆いと思わないといけない。政治や社会の常識も微妙な雰囲気になっている今、とても感じているところだ。「大丈夫だ」と何の価値も無い講釈を聞かされている内に、地獄へと流されてしまわない様にしたい。

12年5月7日